MENU

肌老化の原因について

肌老化の原因は、ひとつだけの理由ではありません。人間は誰しも呼吸を行い、生命維持をしている生き物です。この世に誕生してから、ずっとその行動は継続します。その酸素は体内で、全て綺麗なままではありません。そのうちの一部は体内で活性化します。

 

つまりこれが、近年大きな話題となっている活性酸素です。脂質と活性酸素の結合は、体内の若い健康な細胞を酸化させることになります。錆びた細胞は、皮膚弾力が失いこととなり、肌老化へとまっしぐらです。肌老化の大きな原因として、活性酸素は大敵となります。

 

肌老化の原因として、毎日のように普通に接している、紫外線も大きく関係があります。若いうちは太陽の下で、思い切り肌を露出して夏のレジャーを楽しむこともあります。若さでまだ肌サイクルがスムーズであれば、皮膚はまだ若さを保つでしょう。しかしそれは蓄積されて、やがて年をとった時には、ごまかしのきかない老化という形で、皮膚にしっかりと表面化することになります。

 

皮膚の乾燥を気にする女性は多いですが、そのまま放置をすることはおすすめできません。皮膚の乾燥も、肌老化を促進させているためです。乾燥は中年以降が感じるものではなく、まだ若い20代でも乾燥肌の人は多くいます。

 

皮膚の乾燥を自覚している名ならば、早い段階で乾燥を改善して、潤いある状態をキープすることです。放置すると、年齢を重ねた時に、余計に老化現象に拍車をかけることになります。