MENU

肌老化の症状について

肌老化の症状には、様々な変化が現れてきます。肌老化の症状として代表的なのは、シワができたり、シミやソバカスなどです。
肌老化の症状として、イボやほくろが急激に増えることもあります。皮膚のハリや弾力が失われて、皮膚組織自体の若さも、目に見えて失われていきます。

 

肌老化で具体的にあらわれてくる症状としては、ネックラインや顔にシワが出てきます。二重あごになり、二の腕や下腹部といった皮膚には、たるみが現れます。

 

顔だけではなく、背中やあらゆる箇所に、シミやソバカスが出てきます。皮膚には透明感がなくなって、くすみがちになりますし、皮膚には色素沈着が増加します。

 

老人性のイボも、急に増えるようになります。顔に限らず、ボディにもほくろは増えていく事になるでしょう。なんといっても、若さの象徴である、皮膚の弾力は若い頃とは比べ物にならないくらい、一気に低下してしまいます。

 

皮膚の若い弾力に密接に関連しているのが、コラーゲン等です。コラーゲン組織を活性化させるには、ターンオーバーが順調である必要もあります。ですが肌サイクルが遅くなると、肌は順調には生まれ変わることができませんし、若い皮膚を維持することも困難となります。

 

皮膚のターンオーバーの乱れは、体内のホルモンバランスの乱れも影響を及ぼしています。女性ホルモン分泌量がすくなることも、皮膚廊下との関連性があるということです。肌の老化は目に見てもわかりますが、体内にもマイナスの影響があることは否めません。